『まだまだ』
      重たい雨の向こう                流れて行くよ変わってく           
      伸びてた七色の光                周りでうるさいほど足音響いてる       
      見つめていたよ街の片隅で            だけど手の平から飛んで行ったものが     
      いつしか走り出している僕がいた         一体なんだったのか知りたくて        
      そこに何か楽しいことがある様な         ほらそこにも転がっているよ         
      そんな気持ちじゃなくて             知らないことや知らない人が         
      僕が走ってるってことが楽しくて         もっと格好良くなりたいんだ         
      とてもおもしろくって              もっと素敵に笑いたいんだ
      僕はそう思ってた                僕はそう思うから
      物分かりの悪い僕はまだまだ           物分かりの悪い僕はまだまだ         
      君に恋をして                  君に恋をして                
      物分かりの悪い僕はまだまだ           物分かりの悪い僕はまだまだ
      ここにしがみついてる              ここにしがみついてる



BACK
このウインドウを閉じる