『また夜が来て』2002.10.26
	     また夜が来て                           全く固く口を閉ざし
	     君は夜を持て余す                 遠く深く息を潜め
	     裸で寝そべっては                 一番最初の気持ち
	     目のやり場につまずいて              一番奥にしまい込む
	     ピカピカ光る絵に                 暑くない夏に泳ぎ
	     なぐさめられたりするが              寒くない冬に凍え
	     また朝が来ると                  季節の移り変わりを
	     ひたすら夜を待ちわびる              やけに早く感じてる
	     自意識過剰な頭痛も                こぼれる光は君が嘘を付くって事も
	     忘れそうな小さな夢も               知らないはずさ
	     一つの話が上下左右に全く形が変わることも     優しい素直な君を知ってるから
	     だから話の続きを聞かせてよ            だから話の続きを聞かせてよ
	     恥ずかしがってる柄でもあるまいし         恥ずかしがってる柄でもあるまいし
	


BACK
このウインドウを閉じる