『お星様に手が届いた夜』 2002.6.7
	       目を開けると独りぼっち             草の上光が咲いて
	       手の温もりを確かめた              季節外れの夜空が
	       昨日のことがうそでありません様に        転がりだした二人をそっと
	       受話器の向こう                 夜更けのケンカ引かないよ
	       昨日と同じ声にかたむいて            僕の意地君の意地
	       朝が来るまで一つの夢を             探していたよケンカの出来る人
	       独りぼっちで何にも見えなかったことが      すれ違ったり走り出したり迷ったり
	       君に映ってるから                一つ一つがつないで行くよ
	       もう言葉もいらないよ              二人を近づけて行くよ
	       お星様に手が届いた夜              お星様に手が届いた夜
	       小さくなって泣いた               小さくなって泣いた
	       とても大きな本当のこと             とても大きな本当のこと
	       お星様に手が届いた夜              お星様に手が届いた夜
	       笑ってる二人がいたよ              笑ってる二人がいたよ
	       とても大きな本当のこと             とても大きな本当のこと
	


BACK
このウインドウを閉じる